PCスペック

Windows(自作メイン機)

CPU Core i7 2600k
M/B P8Z68V
メモリ DDR3 4GB x 4 (16GB)
HDD 日立 2TB (SATA)
GPU GeForce GTX 1080
OS Win7 Pro 64bit
ケース Define R5
キーボード HHKB Professional2 (無刻印)
マウス Logicool MXTB1s

こいつは2011/9/10に組み立てたもの
当初グラボはGTX 550 Ti -> GTX 760だったけどこの前新調しました
マルチモニターにしたしちょうどグラボを新調したかったので。

ケースも当初はZ9 Plusでしたがグラボが入り切らなかったので新調しました

大体のメイン作業(アニメ鑑賞、ギャルゲ・エロゲ、マイクラ、ニコ動鑑賞など)はこっち。

Mac(サブ機)

MacBook Pro
15インチのRetinaディスプレイモデル。

主な仕様は以下

CPU Core i7 2.5GHz 6MB共有L3キャッシュ
メモリ 8GB x 2 (16GB)
ストレージ 512GB PCIeベースフラッシュストレージ
GPU GeForce GT 750M 2048 MB
OS Mac OS X 10.11.5(El Capitan)

このスペックでサブ機とか頭おかしい
遅いの嫌いな人だからi7しか使いたくない(せっかちだけどホモじゃないです)
あとi7っていう響きかっこいいよね、うん。

このサブ機は私にとってとても重要な端末です。
Androidアプリの開発からNamerの制作、そしてこのホームページを制作したのもこのMacさんです
すっごいお世話になってる、はっきりわかんだね

正直Macがこんなに快適だと思いませんでした

Mac(外出用機)

MacBook Pro (13-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 ports)

CPU Core i5 2.0GHz 4MB共有L3キャッシュ
メモリ 8GB x 2 (16GB)
ストレージ 256GB PCIeベースオンボードSSD
GPU Intel Iris Graphics 540
OS macOS Sierra 10.12.4

大学に入学し、PCを持ち運ぶ機会も増えたので新MBP13インチのカスタマイズモデルを購入した

キーボードがカッタカタして打ちにくいのはあるけど慣れだと思う。
トラックパッドが大きくて使いやすいのはとても良い点。ただキーボード打ってる時に触れてしまうことが多々あるのでアレ
あと充電器にケーブルを巻き取るアレがないのは困る・・・

メインサーバー(ラックサーバー)

ラックサーバーを平置きにして運用しています

スペック

商品名 Express5800/R120a-1
型名 N8100-1518
CPU Xeon E5520-2.26GHz x2
メモリ 120GB (16GBx4, 8GBx6, 4GBx2)
HDD 2TB 3.5inch WD Black (SATA) x2 (RAID1)

2015/10/10にオークションで5000円で落札しました
送料も合わせて合計6404円でした
10/14に自宅に着弾しました

メモリは元々1GB ECCx4が載っていましたが、増設しました。
HDDはESXiを構築するために146GB(SAS)x3から大容量のものに換装しました。
同じサーバーを購入してCPUを2台へと増やしました

稼働させてみたところ、とてもうるさくてアレだったので、倉庫を買って建て、その中で稼働させています

ストレージサーバー(マイクロサーバー)

HPのMicroServerです。
公式サイトはこちら
長い型番はこれかな?
HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N5

CPU AMD Turion II Neo N54L Dual-Core
メモリ DDR3 1333MHz 4GB
HDD WD黒 500GB SATA
OS Linux Mint 17.1(64bit)

これは2015/02/20にネットで注文し、翌日21日に届いたサーバーさんです
価格は12980円でした
激安なので購入しました
後述する電気代のこともあったので。

さて、まずはHDDのことに関して。
HDDの写真を撮ってTwitterにあげたらいろんなことを言われまして・・・
なんか企業用とかそういうHDDらしかったです
確かにHDDのラベルに「Enterprise Storage」と書いてありました

電気代のことに関して
下に載っている旧サーバー機だと常時約100W、2.1円/hくらいかかっていました
それを考えると一ヶ月で約2000円もかかるようでした
ですが、こちらのサーバーは0.8円/hというなんとも省電力でした
ただアイドル時のことなのでそれより少し上回ることもあるでしょうが許容範囲内ですね
これが決め手となって購入した感じです

AMD社のCPU使うのがこれが初めてです
インテル長友しか使ったことありませんでした

ふらんにも言われましたが、LinuxMintを使う理由は宗教上の問題です
どっかのサイトでMintは遅いとか言われてましたがそんなことは知りません
私はMintが使いたいんです

倉庫で稼働しています。

Raspberry Pi 2 Model B

元々、サーバールーム(倉庫)の換気扇のオン・オフを制御していましたが、換気扇を撤去しエアコンを設置したので制御系のサーバーではなくなりました

現在はGPIOを使ってBME280搭載のセンサモジュールから温度、湿度、気圧を取得、記録しています。

新Gitサーバー(ラックサーバー) (Not Working)

メインサーバーと同じようにラックサーバーを平置きして運用しています
仮想化してメインサーバーのESXiで稼働しています

スペック

商品名 Express5800/R120a-1
型名 N8100-1517
CPU Xeon E5504 2.00GHz x1
メモリ 4GB (増設予定)
HDD 130GBx3 3.5inch (SAS)

2016/7/15に5378円で落札しました
税、送料を合わせて7214円でした
7/17に自宅に自宅に着弾しました

Gitサーバー(ラックサーバー) (Not Working)

メインサーバーと同じようにラックサーバーを平置きして運用しています
2016/07/14に冷却ファンエラー(E1311、E1313エラー)を吐き、稼働はするものの、冷却ファンがMaxで回ってうるさかったので死亡したのと同義になりました。

スペック

商品名 DELL PowerEdge 1950
CPU Xeon E5420 2.50GHz x1
メモリ 2GB (増設予定)
HDD 80GBx2 3.5inch (SATA)

2016/2/26に4800円で落札しました
税、送料を合わせて6884円でした
3/2に自宅に自宅に着弾しました

旧サーバー (Not Working)

NECのMate。
型番はPC-MY26XEZE1
↓これは稼働当時の構成です

CPU Celeron D 331
メモリ 2GB
HDD 320GB
GPU Radeonのやっすいやつ
OS Linux Mint 17(32bit)

こいつだけものすごいテキトーだけど仕方ないね
2007年か2008年くらいに買ったデスクトップPCです。

最初はうちで家族共用PCとして使われていましたが、Win XPだったのでサポート終了に飲み込まれました
そして新しいWin 7以降のPCを買うことになったのですが、どうせなら作ろうかと、私がi5で組みました。
新しいPCができたことでこいつが余っていたのでサーバーにしたというわけです。

GPUは載せなくてもよかったのですが、DVI端子がM/Bになくて、最初のセットアップの時に必要だったのでグラボつけたのがそのままになってます。
HDDも完全に余り物です
メモリは現役時代に私が増設しました

家族共用PC

上で書いたように私が作りました

CPU Core i5 4440
M/B ASUS H87-PRO
メモリ DDR3 4GB x 2 (8GB)
HDD 日立 1TB (SATA)
OS Win7 Pro 64bit
ケース Z3Plus

家族共用といっても、両親の2つのユーザーしかない、親用PCです。
私がたまにメンテナンスをしたりという感じです。

それでですね、なぜこの特に必要ないPCの情報を載せたかというとですね
javaでベンチマーク(?)の実行結果を見てもらいたいのです。
なぜこのような結果になったのだろうか・・・
Haswellだからとか少しは関係ありそうだけどやっぱりバックグラウンドプロセスの数でかなりの違いが出そうですね。

自宅ネットワーク図